プラモデル製作 工具 はさみ編

プラモデルで使用している工具の紹介、はさみ。

左のはさみは、PLUS フィットカットカーブ フッ素コート キャップ付

マスキングテープ、薄いプラ板、デカール、厚紙などイロイロ切っている。

フッ素コートなので、汚れにくい。ガムテープを切ってもノリが刃につきにくいので、マスキングテープをたくさん切っても大丈夫。

また、ハサミの刃に日本刀のようにカーブがあり、常に切るものに対して30度の角度をキープするので、楽に切ることができる。

持ち手は弾力のあるやわらかい素材なので、手が痛くなりにくい。

100均のハサミだと、持ち手の中心(円周沿い?)に合わせ目がきて、手が痛いけど、このハサミはそういうの無し。

税抜き400円だから、高くないし性能はいいしで、かなりおススメなハサミ。


真ん中のは100均のミニはさみ。大きいのが机にあると邪魔な時に使用してる。

小さい以外はあまり特徴がないハサミ。




右側は、タミヤ クラフトツール エッチングバサミ 74068

刃が曲がっているのが特徴。
曲がっているので、切り口が見易いんだけど、欠点として、刃が厚いこと。

エッチングパーツによっては刃が入らない。

なので、デザインナイフで大まかに切り出してから、エッチングバサミを使用している。


Topへ