ギターを作ろう! その05 サンディングシーラー編

ギター製作で使用したサンディングシーラー
との粉を塗って、プライマー処理までしたギター、まだ下地処理が続く。

綺麗な塗装には、綺麗な下地が大事。でも、このサンディングシーラーで下地は終わり。

このサンディングシーラーを塗ってペーパー掛けすると、木材独特のザラザラがなくなり、プラスチックみたいにツルツルになる。

使用したのは、和信ペイント ラッカーサンディングシーラー 300ml

刷毛でボディに塗っていくんだけど、この後にペーパー掛けするのでムラはあまり気にしない。

塗膜が薄いとペーパー掛けで木が出てきてしまうので、それなりに厚めに塗ってみた。

2回塗って、300番のペーパを掛け、指や目視で確認後、木が露出してしまったので、さらに同じ作業を繰り返した。

ペーパー掛けで使用したのは、サンディングブロックと、防塵マスク

表面が平らになったら、下地処理は終了。


Topへ