プラモデル製作 工具 ポンチ編

プラモデル製作で使用している穴あけポンチ
プラモデル製作で使用している工具、穴あけポンチの紹介。

レザークラフトなどに使う、革製品に穴を開けるためのものなんだけど、プラモデルでも使える。

左側の黒い4つは、左から、

穴径5mmの新潟精機 SK 作業用品 HP-5 皮抜きポンチ

穴径6mmの新潟精機 SK 作業用品 HP-6 皮抜きポンチ

穴径7mmの新潟精機 SK 作業用品 HP-7 皮抜きポンチ

穴径8mmの新潟精機 SK 作業用品 HP-8 皮抜きポンチ

黒いタイプのは、100均でも売っている時があるので、それでもいいと思うんだけど、僕は外れを引いたのか、革も紙も切れなかった。

彫刻刀の砥石で砥いでみたんだけど、それでもダメだった。各種サイズで揃えちゃったから、8本くらい無駄にしたかな。

100均のは揃える前に試せるなら試した方がいいと思う。

右の木製グリップのは、野中製作所 スクリューポンチ セット 1.0mmと3.0mm替え先付き
プラモデル製作で使用している穴あけポンチ
先端はこんな感じ。

小さい綺麗な丸をマスキングしなければならない時、コンパスカッターマスキングテープを綺麗に丸く切り抜くのは難しい。

そこで、このポンチを使うと綺麗に小さな穴が開けられて、綺麗に丸をマスキングして塗装できるというわけ。

小さい円になるほど綺麗な円は難しいので、わりとおススメ。

黒いほうのポンチは穴を開ける時に上から叩いたりする必要があるけど、スクリューポンチは、上から押すとポンチが回転するので楽に穴が開けられる。
プラモデル製作で使用している野中製作所のスクリューポンチ
野中製作所 スクリューポンチ 替え先を購入して各種サイズを揃えた。

ポンチを使うとカッティングマットに丸い痕が付くので、2軍のカッティングマットを使用している。

レザークラフトや、プラモデルだけじゃなくて、お裁縫のソーイングでカシメする時とかにも使える。


Topへ