ギターを作ろう! その11 はんだ作業編

ノイズ対策が終了したら、ピックアップの取り付けと行きたいけど、表にイロイロ付くとひっくり返すのが大変なので、ストリングブッシュを先に取り付けておく。

塗膜によりストリングブッシュが入らなくなってしまった。仮組では少し緩いくらいだったので、叩いて入れたりせずに、塗膜を熱で溶かすことにした。

ストリングブッシュを穴に入るだけ入れたら、半田ごてでブッシュを熱していくと、徐々に全部入っていった。
オリジナルギター製作 テレキャスター(Telecaster) 3シングルピックアップ搭載 はんだ付け作業
はんだ付けは半田こてと半田で両手が塞がり、はんだされるものを持てないので、大きなバイスを机に固定し、それに固定して半田をつけた。

ポッドのミニ16mmコントロールポット 250KΩ Aカーブの1つは端子を下にして、右端の端子はアースと繋いでボリュームにする。

センタートーンポッドはプッシュプルのポッド、Montreux Bourns Push-Pull Pot A250K Inch

コンデンサは定番?って感じでMontreux Sprague Orange Drop 716P 0.047uF 400V

セレクタースイッチはMontreux CRL 5way switch。こいつのおかげで後々困ることに。

これらをコントロールプレート TC-07CSに取り付け、西村秀昭さんの欲しかった音が出る!エレキ・ギター配線アレンジの本に、魅惑のレインボートーンという配線方法を見ながら半田付けしていく。


フロントピックアップは、DiMarzio DP177 True Velvet T Neck

センターピックアップは、DiMarzio DP175S True Velvet Middle

ブリッジは、GOTOH GTC201 Chrome

リアピックアップは、DiMarzio DP173 Twang King Bridge

デレキャスにディマジオってリッチー・コッツェンをイメージしてみた。

とはいえ、ピックアップは、手作りギターのくせに豪華。いつか本物のFender USA Telecasteを3シングルにしちゃおうという野望があるから。


各ピックアップは半田付けをする前に位相の確認。

フロントピックアップを半田付けしたあと、セレクタをフロントにして通電確認したところ、通電していない。

本を見ると配線は合っているが通電していないので、セレクタの端子をよく見ると、ピックアップの配線と違う位置になっている。

「ギター ピックアップ セレクター 配線」ってネットで調べると、セレクタは日本産、アメリカ産で配線が違うらしい。僕が持っているのはインチ仕様なのできっとアメリカ産。

ネットを見ながら半田付け。iPad便利。


ジャックは、ALL PARTS JAPAN / SwitchCraft Mono Jack

ジャックプレートは、Montreux Jackplate Square Brass CR No.8835

テレキャスの凹んだ丸いタイプではなく、ギブソン系の四角い金属のもの。

コントロールノブはストラトのイメージなので、SCUD ストラトノブ ボリューム インチ ホワイト KW-240VISCUD ストラトノブ トーン ホワイト インチ KW-240TIを購入して付けた。

ネックを取り付ける前に、配線がきちんと出来ているか確認。大丈夫そうなので、配線は終了。



Topへ