BANDAI 1/500 宇宙戦艦ヤマト2199 LED電飾改造

BANDAI 1/500 宇宙戦艦ヤマト2199 LED電飾改造 プラモデル 完成写真
BANDAI 1/500 宇宙戦艦ヤマト2199の紹介。LED電飾を埋め込んだ改造をした。

通販で購入。とにかくデカい!箱もデカいけど、その中に約半分になった本体が入っている。

組み立てたら倍になるのねって覚悟はあったし、買う前から全長約666mmって知ってたけど、目の前で見るとやっぱしデカい。デカすぎて撮影ブースに入らなかった。

デカいなら電飾初心者でもなんとかなるだろうと、LED電飾に挑戦。簡単な電飾だけだけど光るとカッコイイ。
BANDAI 1/500 宇宙戦艦ヤマト2199 LED電飾改造 プラモデル 完成写真
デカいだけあって中身はスカスカ。電飾をするのに電池にするか、コンセントから取るか、台座と一体式にするか、全てを埋め込むか悩んだ結果、全部を埋め込むことにした。

1/500 宇宙戦艦ヤマト2199拡張セットは購入していなかったので、ちょうど第2格納庫は空っぽになる。そこに電池ボックスを入れ、拡張セットが見えるように外れる外装パーツを利用し、そこから電池交換出来るようにした。

光らせる場所は、クリアパーツの波動砲、艦橋、船体側面、波動エンジン。クリアパーツは無いけどLEDを埋め込めそうな補助エンジンとした。

スイッチは艦橋と本体側面とエンジン、波動砲の2つにして、砲塔の下にスイッチを隠し、光らせる時だけ砲塔を取り外して、スイッチを入れて砲塔をまたはめることにした。

必要な電飾パーツ(LEDは全て3mm)

波動砲用:青色LED3mm 1つ

艦橋用:緑色LED5mm 2つ

本体側面用:緑色LED3mm 2つ

エンジン用:オレンジLED3mm3つ

電池ボックス1つ

スイッチ2つ

その他:配線用ケーブルなど

電飾の方針が決まったらお買い物。部品は秋月電子さんで全て揃えた。


スナップフィットのダボを切り飛ばし、仮組をして仮配線。

各ブロックを分ける隔壁のように、船体を補強するためのパーツ(G2など)がある。配線を通す為にピンバイスで穴を開ける。

補助エンジンも配線ができるようにピンバイスで穴あけ。3mmのLEDを埋め込めるように、エンジン口は3mmで穴あけ。

スイッチがを埋め込む砲塔部分も穴あけ。


光り具合も確認して、光量が不足している場合は、LEDを増やすか反射板を取り入れるかも検討。

この時が1番楽しかったな。部屋暗くして光らせて、考えて手直しして、また光らせてって、わくわくしてた。
BANDAI 1/500 宇宙戦艦ヤマト2199 LED電飾改造 プラモデル 完成写真
船体内部の配線の方針が決まったら、船体の組み立て。

デッカいだけあって、イロイロとアラも目立つので、丁寧に表面処理。ダボのヒケとか合わせ目を丁寧にと心がけた。


塗装前に接着した部分

船体の側面グレー部分と艦底部分(合わせ目があるので接着後合わせめ処理、マスキングして塗装)


塗装後に組み立てた部分

第2格納庫の外装(電池交換用に取り外し可能にするため)

甲板(LEDの配線のため)

第3艦橋、突後ろのアンテナ、機銃など細かい部品(破損防止)


接着できるところ、しないところを考えながら作業した部分

艦橋:クリアパーツの関係で、塗装後に組み立てたかった

煙突:ダボを処理すれば後ハメができるので、後ハメ加工。

砲塔:砲身を塗装後に組み立て




スナップフィットの良いところは接着しなくても良いというところ。接着しなくても支障が無い(合わせ目などが無いなど)部品は、接着せずに置いておくこともできる。

その他細かい機銃などは破損防止で完成直前まで本体には取り付けないが、出来るところまでは組み立てておく。

船体などのスジ彫りは塗膜で浅くなることを考え、タガネで深く彫りなおした。
BANDAI 1/500 宇宙戦艦ヤマト2199 LED電飾改造 プラモデル 完成写真
組み立てが終わったらエアブラシ塗装。

カラーレシピ

下地:自作サフ(Mr.サーフェイサー1000+ガイアカラー フラットブラック適量)

本体グレー:宇宙戦艦ヤマト2199カラー 宇宙戦艦ヤマト用カラーセット

本体赤:宇宙戦艦ヤマト2199カラー 宇宙戦艦ヤマト用カラーセット

艦橋ガラス:ガイアカラー クリアーグリーン

煙突横の丸緑:下塗り:ガイアカラー Ex-シルバー 上塗り:ガイアカラー 蛍光グリーン

グラデーション追加:Mr.カラー スモークグレー

艶を統一するため:ガイアカラー Ex-フラットクリアー

ナビゲーションライト:下塗り:ガイアカラー Ex-シルバー 上塗り:ガイアカラー 蛍光オレンジ


下地のサフを残すように、テレビで見るより暗めな感じでグラデーション塗装。のはずが、あまり残らず失敗。スモークでグラデーション追加。

甲板は本体と違う色だったんだけど、忘れて接着。結局そのまま。

大きいと塗装が難しい。塗って、ちょっと離れたところから見て、塗ってって感じ。
BANDAI 1/500 宇宙戦艦ヤマト2199 LED電飾改造 プラモデル 完成写真
塗装が終わったら、配線しながら組み立て。配線などは、はんだ付けしていく。

配線は反射板などはホットボンドで固定。

後ろ側の砲塔を外したところ。艦橋と本体横とエンジンのスイッチ。

この下の第2格納庫に電池ボックスがある。
BANDAI 1/500 宇宙戦艦ヤマト2199 LED電飾改造 プラモデル 完成写真
こちらは前から2番目の砲塔を外したところ。波動砲のスイッチ。
BANDAI 1/500 宇宙戦艦ヤマト2199 LED電飾改造 プラモデル 完成写真
スイッチオ~ン!
BANDAI 1/500 宇宙戦艦ヤマト2199 LED電飾改造 プラモデル 完成写真
本体側面も光る。
BANDAI 1/500 宇宙戦艦ヤマト2199 LED電飾改造 プラモデル 完成写真
波動砲も光らせたところ。
BANDAI 1/500 宇宙戦艦ヤマト2199 LED電飾改造 プラモデル 完成写真
後ろのエンジン。補助エンジンのほうが明るくなってしまった。

波動エンジンと明るさを合わせる予定で抵抗を買っていたんだけど、付けるの忘れたらしい。残念。
BANDAI 1/500 宇宙戦艦ヤマト2199 LED電飾改造 プラモデル 完成写真
艦橋のアップ。

写真にはないけど、蛍光塗料はブラックライトで光るので、煙突横の丸い緑や、ナビゲーションライトも光る。


でかい、とにかくデカいけど、迫力満点。自営なので仕事場に置いてあって、お仕事のお客さんにも大うけ。

僕は40代始めなんだけど、この2199が初めてちゃんと見た宇宙戦艦ヤマト。奥さんや友達が詳しいので、その影響かな。

宇宙戦艦ヤマト2199の続編が決まり、楽しみが増えた。新しい戦艦のプラモが出るといいな。


Topへ