プラモデル製作 工具 タガネ&ケガキ針編

プラモデルで使用しているタガネ
プラモデルで使用している工具の紹介、タガネ&ケガキ針。


スジ彫りをする時に使用しているスジボリ堂のタガネ。もう定番と言ってもいいと思う。

彫る幅によって種類が必要になるので、5本使用している。

持っているのは、BMCタガネ 0.125mmBMCタガネ 0.3mmBMCタガネ 0.5mm BMCタガネ 1.0mmBMCタガネ 1.5mm。映っていないけどどこかに0.15があるはず。

軽く当てて引くだけで綺麗にスジが入る。Pカッターのような使い心地。

ただし断面が違い、タガネは四角、PカッターはVな断面。

平ノミを小さくしたような形状をしているので、直線は得意だけど、曲線を引くのは苦手な感じ。
プラモデルで使用しているケガキ針
上と真ん中は何処のものか忘れちゃった、1番下はシンワ測定 ケガキ針D

ケガキ針は直線でも曲線でもスジが引けるのはイイ。

スジの線が細く浅くがいいときは軽く引いてそのまま。

タガネでスジを引きたい時のガイドとして軽くスジを引くのにも使う。


コツとしては、1回で決めようとしないで、ゆっくり少しづつ力を入れずにやること。らしい。

失敗すると、パテ埋め、硬化待ち、ヤスリ掛け、掘り直しという作業が待っている。何度やったことか。

いらないパーツにガイドテープを貼り練習すると上達が早いはず(僕も練習中)。


Topへ