プラモデル製作 工具 セラフィニッシャー編

プラモデルで使用している工具の紹介、スジボリ堂 セラフィニッシャー

デザインナイフの刃でカンナ掛けをすることがあったが、カンナ掛けしたところの傷が気になる時があった。

また、どうしても削り過ぎてしまうときがあったので、この商品を購入してみた。


プラスチックを成形する上で、どうして出てしまう金型のあわせめ、パーティングライン。

ただの真っ直ぐな面にあるならいいけど、戦車兵とか複雑な形をしているパーツにヤスリを掛けるのは難しい。

そんな時に、セラフィニッシャーでカンナ掛けすると、パーティングラインのいらないところだけ綺麗に削れる。
先端のアップ。

パーテイングラインだけでなく、合わせ目も綺麗にすることができるので便利。

平面の合わせ目などは、これで削ってからヤスリ掛けをしたりしている。


セラミックの刃なので、パーツや手を不用意に傷つける心配がないのも、セラフィニッシャーの良いところ。

ただ、削りカスがいっぱい出るので、集塵機は必須な気がする。


Topへ