初心者がジオラマ ベースを作るよ 砂利編

デザイン関係の仕事でテクスチャーが必要になった。実物の写真を撮りに行くのがベストなんだけど、費用を考えるとわりに合わないので、ジオラマで代用できないかと考えた。

考えたはいいけど、ジオラマのベースなんて作ったことない。どーしようか考えてもコレが失敗したら各地にロケハンしなきゃならないかもしれないなら、とりあえずやるしかなかった。で、やったらそれなりに出来たので、初心者が作った簡単なジオラマベースの作り方を記事にしてみようと思う。

実験的にジオラマを作成したので、木の枠などは無く、TAMIYA  スチレンボード3mm厚に直接作業している。

砂利の素材が必要になった。被写体である石のサイズや使う素材との大きさを考えると、7階から撮影した感じじゃないと厳しいので、ジオラマで作ってみることにした。
初心者 ジオラマ ベース 作り方 砂利
砂利なら石だし鉄道模型のバラストだろうということで、HOゲージサイズのバラストを3色購入。

モーリン Rストーン バラスト HO 1/80(1.2〜1.6mm) 準幹線モーリン Rストーン バラスト HO 1/80(1.2〜1.6mm) 幹線モーリン Rストーン バラスト HO 1/87(0.9〜1.2mm) ローカルを混ぜて使用。

ローカルはきっとディーゼル用のバラストってことで茶色。少しだけ混ぜてアクセントにした。表面をソコソコ均一にするため、平筆で砂利を整えている。

テクスチャー用の素材としては、そのままでいいんだけど、ジオラマとなると固定しなくてはいけない。ここから実験。
初心者 ジオラマ ベース 作り方 砂利
木工用ボンド1:水3&中性洗剤1滴を混ぜたものをスポイトで滴下していく。洗剤を混ぜないと染み込まないので注意が必要。




上の画像は半乾きの状態。ブラストの間に光っている木工用ボンドが見える。
初心者 ジオラマ ベース 作り方 砂利
カメラの都合で色が変わってしまったけど、実際は前のまま。乾くときちんと固定される。

バラストを数種類混ぜて、固定して完成。ジオラマのベースとしては寂しいけど、簡単に砂利道なら作れる。初心者的にはこれでもいいのでは?って思える。
初心者 ジオラマ ベース 作り方 砂利
おまけの戦車は、プラッツ 1/35 ガールズ&パンツァー CV33 カルロ・ベローチェ。大きさ比較として乗せてみたけど、1/35と1/80でおかしいだろうと思ったら、あんまり違和感ないかも。
初心者 ジオラマ ベース 作り方 砂利
戦車といっしょだからか、大洗ホテルの前の海岸に石の大きさ似てるかな?って思った。

単体で砂利があると変だけど、戦車があるだけでジオラマっぽくなるからすごい。


Topへ