プラモデル製作 工具 梅皿編

プラモデル製作 梅皿
プラモデル製作で使用している工具の紹介、塗装用の梅皿。

使用しているのは、呉竹 梅皿 大 15cmで塗装する時に使用。

ジオラマ製作などで、似たような色を何色も作りたい時にすごく便利。皿が白いので色が分かりやすいし、隣の皿とも近いのでグラデーションも作りやすい。

陶器製なので、プラモデル用の塗料を使っていて乾いてしまっても、簡単に剝がすことができる。陶器だからシンナー使っても大丈夫。




これを使用する前はコート紙(ツルツルした紙)を使用していた。紙だと溶剤で薄めたい時に出来ないから、ずっと梅皿が欲しかった。8cm位の小さいのも欲しかったけど、物が増えてもってことで、大きいのを購入、

中学生の時に水墨画クラブ(授業の一環)に所属していて(部活動は剣道部)、使ったことがあるのでなんか懐かしい気分。


Topへ