バンダイ 1/12 AU-09 アナライザー LED電飾化と自作デカール

バンダイ 1/12 AU-09 アナライザーの紹介。

アナライザーはカワイイよねってことで購入。

自分らしさを出すにはどうするかを考え、塗装をメタリックに、昔のアナライザーっぽく電飾することにした。
バンダイ 1/12 AU-09 アナライザー プラモデル 完成写真 LED改造 自作デカール
このキット、もともと電飾出来るように、頭と胴体は空っぽ。

バンダイのLEDライトユニットを使えば簡単に電飾ができる。

今回は半田付けせずにハイキューパーツのワンタッチLEDを使用。
バンダイ 1/12 AU-09 アナライザー プラモデル 完成写真 LED改造 自作デカール
バンダイだけあって、キットの出来はすごくいい。表面処理をしっかりして、塗装へ。

塗装はエアブラシ塗装。

カラーレシピ

自作サフ:GSIクレオス Mr.サーフェイサー1000+ガイアノーツ フラットブラック

赤:Mr.カラー メタリックレッド

金:Mr.カラー ゴールド

胴体の暗い赤:Mr.カラー メタリックレッドガイアノーツ Ex-ブラック

黒:ガイアノーツ Ex-ブラック

シルバー:ガイアノーツ Ex-シルバー

スミ入れ:タミヤ スミ入れ塗料 ブラック

仕上げ:ガイアノーツ Ex-クリアー


頭とお腹の出っ張ってる丸い銀の塗装は、ポンチマスキングテープをくり抜いてマスキング。

出っ張ていない凹んでいる2つの円は、爪楊枝に塗料を少しつけ、ぴったりはまるまで穴に爪楊枝を刺せば綺麗に塗れる。
バンダイ 1/12 AU-09 アナライザー プラモデル 完成写真 LED改造 自作デカール
塗装が終わったら、電飾の作業。まぁ、もう光ってるけど。

胴体にある腹巻みたいなのは、上側が回るようになっている。

バンダイのLEDユニットのスイッチが引っかかるような構造になっていて、それで電源が入る仕組み。
バンダイ 1/12 AU-09 アナライザー プラモデル 完成写真 LED改造 自作デカール
この構造を利用して、引っかかる部分にハイキューパーツ ワンタッチLED スイッチ付き超小型電池ケースのスイッチを引っかける。

それだけだとスイッチが入らないので、胴体の上側のパーツがもっと回るように、ストッパーをカットする。

ハイキューパーツ ワンタッチLED スイッチ付き超小型電池ケースに、ハイキューパーツ 三分岐ハーネスを接続、そこに市販のLEDを差し込んだ。
バンダイ 1/12 AU-09 アナライザー プラモデル 完成写真 LED改造 自作デカール
頭が綺麗に光るように、LEDは2つ。

厚紙をコンパスカッターで切り、アルミテープを貼って反射板にしてある。
バンダイ 1/12 AU-09 アナライザー プラモデル 完成写真 LED改造 自作デカール
頭を光らせたところ。

今回のこだわりは、光った時にメーターが見えるようにしたこと。

昔のアナライザーは良く知らないけれど、調べるとアナログなメーターがある。

これを今風に再現したいなと思い、ノギスでサイズを測って、Illustratorでメーターを書いた。

それを反転させて、ハイキューパーツ CLDTH-B5 クリアデカールに印刷して、クリアパーツの内側から貼った。
バンダイ 1/12 AU-09 アナライザー プラモデル 完成写真 LED改造 自作デカール
前からはこんな感じ。デジタルとアナログが混ざったような感じを出したつもり。

キットのままだと何も無くて、ただ光るだけだとつまんないなと思ったけど、シールでアナライザー(解析器)っぽくなったと思う。

このアナライザーのキットは出来がすごくいいので、かなりおススメなキット。

頭のクリアパーツもパチッと綺麗にはまり、ちゃんと赤いところと、変な段差とかなく違和感なくはまる。



Topへ