バンダイ HGBF 1/144 R・ギャギャ-白銀

バンダイ HGBF 1/144 R・ギャギャ-白銀 ガンプラ デコる プラモデル 完成写真 エングレービング
バンダイ HGBF 1/144 ガンダムビルドファイターズトライ R・ギャギャの紹介。

朱金と同時進行で製作。長い槍持たせたいなと思い、いろいろ考えた結果、プラモデルの1/100 ベルガギロスのショットランサーを使うことにした。

そのままだと持ってきて付けましたって感じになるかなと思い、戦車のジャンクパーツで少し改造。
バンダイ HGBF 1/144 R・ギャギャ-白銀 ガンプラ デコる プラモデル 完成写真 エングレービング
モノアイをH・アイズ ピンクに交換。手はコトブキヤ ハンドユニット ワイルドハンドに変更。

ショットランサーのセンサー部分はクリアパーツのランナータグ、マシンガンのバレルは真鍮線に置き換え。

後は変更箇所は無く、本体は普通に作業。
バンダイ HGBF 1/144 R・ギャギャ-白銀 ガンプラ デコる プラモデル 完成写真 エングレービング
塗装はエアブラシ塗装。

カラーレシピ

白:下地 Mr.サーフェイサー1000 白 ガイアノーツ Ex-ホワイト

ショットランサー:下地 Mr.プライマーサーフェイサー1000 白 ガイアノーツ Ex-ホワイト

銀:下地 自作サフ:GSIクレオス Mr.サーフェイサー1000+ガイアノーツ フラットブラック(適量) 銀 ガイアノーツ Ex-シルバー

ふくらはぎのバーニア:Mr.カラー 黒鉄色

黒:ガイアノーツ Ex-ブラック

関節など:自作サフ:Mr.サーフェイサー1000+ガイアノーツ フラットブラック
バンダイ HGBF 1/144 R・ギャギャ-白銀 ガンプラ デコる プラモデル 完成写真 エングレービング
塗装が乾燥したら、仮組。どうデコる考える。
バンダイ HGBF 1/144 R・ギャギャ-白銀 ガンプラ デコる プラモデル 完成写真 エングレービング
本体が白なので、ロココ調 箔シルバー ネイル用シールを使う。
バンダイ HGBF 1/144 R・ギャギャ-白銀 ガンプラ デコる プラモデル エングレービング
上画像と同じものはもう見つからなかった。ロココ・ラインレース・箔シルバー ネイルシールは結構似ている。
バンダイ HGBF 1/144 R・ギャギャ-白銀 ガンプラ デコる プラモデル 完成写真 エングレービング
ウェディングドレスをイメージして作業。

かわいく、うざくならないようにしながら、シールをペタペタ。非常に楽しい作業。

朱金と違い、女性っぽさを目指したのでシンプルに仕上げた。
バンダイ HGBF 1/144 R・ギャギャ-白銀 ガンプラ デコる プラモデル 完成写真 エングレービング
シールは角から攻めていく。カーブの角に合いそうなシールを探して、ラインレースでつなげていく。

ラインレースのシールは長さに合わせてカッターで切ってから貼る。

貼り終わった、シールの保護などを兼ねてガイアノーツ Ex-クリアーでコート。

シール部分の段差が無くなるくらいの感じ。
バンダイ HGBF 1/144 R・ギャギャ-白銀 ガンプラ デコる プラモデル 完成写真 エングレービング
イメージしたのは幻像騎士団の白い悪魔ことL.E.Dミラージュ。でも頭の角は付けずあえてノーマル。

ベイルことシールドが無いけど、イメージに合うのが無くて断念。
バンダイ HGBF 1/144 R・ギャギャ-白銀 ガンプラ デコる プラモデル 完成写真 エングレービング
朱金よりも落ち着いた感じで、カッコいい気がする。これもデコったので、スミ入れは無し。
バンダイ HGBF 1/144 R・ギャギャ-白銀 ガンプラ デコる プラモデル 完成写真 エングレービング
これを書いている最中に、右肩のシールドの銀のところが一か所だけ開いていると気が付いた。撮影面倒だからもうこのままでいいや。

ネイルシールでエングレービング加工を再現するのは、簡単なのでおススメ。



Topへ