バンダイ 1/144 RX-160S バイアラン・カスタム

バンダイ 1/144 RX-160S バイアラン・カスタム プラモデル 完成写真
バンダイ 1/144 RX-160S バイアラン・カスタムの紹介。

長いこと1/144での立体化を待っていたバイアラン。昔は1/220しかなかった。

カスタムになったとはいえ、大好きなバイアラン。ユニコーンで出てきた時は嬉しかったし、プラモになると知って、すっごく嬉しかった。

手のクローや足のかかと等、肉抜き穴が目立つので、瞬間カラーパテで埋めた。

頭のアンテナのフラッグを切り取り、シャープに加工。




塗装は、ちょっとマスキングが必要な部分があるくらい。

パーツの形状によってマスキングする方法を変えていく、付属のシールからマスキングテープの型を取ることもある。
バンダイ 1/144 RX-160S バイアラン・カスタム プラモデル 完成写真
塗装はエアブラシ塗装。

カラーレシピ

下地:Mr.サーフェイサー1000

ライトブルー:ガイアノーツ Ex-ホワイト=1+Mr.カラー ニュートラルグレー=0.4+Mr.カラー RML65 ライトブルー=0.2

ダークブルー:ガイアノーツ VO-08 マーズディープブルーガイアノーツ Ex-ブラック(極少量)

赤:Mr.カラー モンザレッド

黒:ガイアノーツ Ex-ブラック

イエロー:Mr.カラー イエローMr.カラー オレンジ(少量)

緑:GSIクレオス みるきぃぱすてるカラーセット グリーンver.のミントグリーン

関節&手など:自作サフ(Mr.サーフェイサー1000ガイアノーツ フラットブラック(適量))

スミ入れ:タミヤ スミ入れ塗料 ブラック

仕上げ:ガイアカラー Ex-フラットクリアー
バンダイ 1/144 RX-160S バイアラン・カスタム プラモデル 完成写真
頭部センサー部分はラピーテープのシルバー

肩のマーキングはシールなので、別売りのガンダムデカール DX06 ユニコーン系 Vol.2を使用。

最初から分かっていたけど、やっぱり少し小さいかな。

バイアラン・カスタムのキットは肉抜き穴が目立つのが欠点かな。

埋める方法は人それぞれ得意な方法で行えばいいんだけど、肉抜き穴が無いほうが楽だよね。

それと、カラーリングが複雑で、マスキングが必要な部分が多い。

それでも、手間をかけた分かっこいいバイアラン・カスタムが出来上がる。

僕はキット化してくれただけで嬉しいので、多少の手間は文句無し。




Topへ