プラモデル製作 工具 防じんマスク-重松製作所 DR77R編

プラモデル製作 使用 防塵マスク 重松製作所 DR77R-ME
プラモデル製作で使用している防塵マスク、重松製作所 DR77R-MEの紹介。

こないだまで、トーヨーセフティー 使い捨て式防じんマスク(1725)を使用していたが、在庫が無くなったので、重松製作所 DR77R-MEを購入して変更した。

マスクが無い間、自作の集塵機のみで作業をしていたけど、2日目に喉が痛くなりマスクが無いと不健康だよねと思い購入。

重松製作所のDR77RのHPによると用途は、土砂・岩石(掘削・粉砕作業等)、サンダー作業、グラインダー作業、農薬散布作業(水和剤・粉剤)、除染作業対策(内部被ばくのおそれが小さいとき)とある。プラスチックやパテの粉だったら、これで十分だろうと判断。アスベスト作業とかしないしね。

普通の耳掛けマスクだと、耳が切れることが多いので、首と頭で固定するマスクの方が好み。今までのように使い捨てにしなかったのは、不織布は顔がかゆくなり赤くなる場合が多いから。

使用したら、のどは痛くないし、苦しくないし、かゆくならないので、とってもいい感じ。

保管はカメラのドライボックスを使用。詳しくは、プラモデル製作 工具 防毒マスク編にて。


Topへ