MINICHAMPS 1/43 McRALEN FORD M23 P.REVSON

MINICHAMPS 1/43 McRALEN FORD M23 P.REVSON マクラーレン ピーター・レプソン
MINICHAMPS 1/43 McRALEN FORD M23 P.REVSONの紹介。

73年から78年まで使用された、マクラーレンのF1カー。

このモデルカーのドライバーは、アメリカ人のピーター・レプソン。

M23は他に、ジョディー・シェクター、ジャッキー・イクス、 エマーソン・フィッティパルディ、ヨッヘン・マス、ジェームス・ハント、ジル・ヴィルヌーヴなどがドライブしている。
MINICHAMPS 1/43 McRALEN FORD M23 P.REVSON マクラーレン ピーター・レプソン
この時期のレーシングカーってこんな構造だからすごいよね。

カウルは体を守ってくれるほど強度無いし、シャーシもアルミだし。速く走るためだけを追い求めて、その他は一切考えていない感じがすごい。




こんなんで、レースするドライバーってやっぱ、頭のネジが飛んでいるというか構造が違うなって思う。
MINICHAMPS 1/43 McRALEN FORD M23 P.REVSON マクラーレン ピーター・レプソン
ピーター・レプソンはこのマシンで優勝したのがF1での最高成績。

翌年、違うチーム(シャドウ)に移籍し、マシントラブルでコーナーを曲がれずに亡くなってしまう。
MINICHAMPS 1/43 McRALEN FORD M23 P.REVSON マクラーレン ピーター・レプソン
カウルを付けた状態。ウインドウスクリーンのカウルと、インダクションポッドのカウル、2つに分かれている。
MINICHAMPS 1/43 McRALEN FORD M23 P.REVSON マクラーレン ピーター・レプソン
変な隙間とか傾いたりとかも無く、カウルは綺麗にはまる。

ミニチャンプスのタイヤは良く出来ているなと眺めるたびに思う。

グランドエフェクトカーの前の時代なので、サイドポンツーンが極端に短い。
MINICHAMPS 1/43 McRALEN FORD M23 P.REVSON マクラーレン ピーター・レプソン
カウルの付いている状態だと、頭近くまで守られているように見えるんだよね。

カウルはグラスファイバーのfrpかな?
MINICHAMPS 1/43 McRALEN FORD M23 P.REVSON マクラーレン ピーター・レプソン
近年のF1では頭部の保護を目的としたデバイスを研究している。

Haloもあるけど、ウインドスクリーンという案もある。もしスクリーンになったら、こんな感じのマシンがまた見れるかもしれない。

Haloはダサいから、こういうスクリーンがイイなと思う。
MINICHAMPS 1/43 McRALEN FORD M23 P.REVSON マクラーレン ピーター・レプソン
エンジンは剥き出し、カウルはあるけど体はほぼ剥き出しで、300km/hとかで走る。今じゃ考えられない。

この時代の肝の据わったチャレンジャーがいたからこそ、飛行機、車、ロケットなどなどいろんな物が発展し、安全になっていったんだなと思う。


Topへ