バンダイ HG 1/144 THE ORIGIN MS-06 ザクII C型

バンダイ HG 1/144 THE ORIGIN MS-06 ザクII C型 オリジン
バンダイ HG THE ORIGIN MS-06 ザクII C型/C-5型でのC型の紹介。
ストレート組みで、左肩のスパイクアーマーと前腕を後ハメ加工したくらい。
ふくらはぎ付近の合わせ目も目立つし後ハメできるんだけど、3体もあって微調整が面倒なので、製作スピードのためと言い訳をしてスルー決定。

シールドの穴が気になったので、3体ごとに違うアプローチをしてみた。これは余ったエッチングパーツを貼って穴を見えなくしただけのパターン。
バンダイ HG 1/144 THE ORIGIN MS-06 ザクII C型 オリジン
前腕の関節パーツを赤線のところをニッパーで切って、切断面にヤスリをかかけて綺麗にする。
前腕の外装パーツと関節パーツを仮組みして、不都合がないようだったらそのまま接着。
合わせ目をヤスリかけたり、パテで埋めたりして消していく。
消えてしまったモールドを彫り直すのも忘れずに。
バンダイ HG 1/144 THE ORIGIN MS-06 ザクII C型 オリジン
左肩のスパイクアーマーは、肩とアーマーの接続パーツを、はめ込み可能な感じで1部カットするだけ。
注意する点としては、ハメた後に簡単に外れないように、入れる時に少しきついかなって感じにすること。テストでハメて外れないってことがないように、最後までパチンと入れないことも大事。
左肩のスパイクアーマーも、ヤスリなどをかけて合わせ目を消していく。

左手の握り手は、ビルダーズパーツHD 1/144 MSハンド02(ジオン系)に交換した。
キットの手よりも小さいし、手の甲の緑のパーツの形状も違うけれど、雰囲気重視でそのまんま。
本当は右手も交換したかったんだけど、武器側のダボを切り取らないとならないし、かといってダボを切り取るとしっかり武器を保持できない。
ビルダーズパーツの右手と武器を接着して固定することもかんがえたけど、武器がたくさんあるので、右手をいっぱい用意するとなると、ビルダーズパーツをいっぱい買うことになるので断念した。
バンダイ HG 1/144 THE ORIGIN MS-06 ザクII C型 オリジン
塗装はエアブラシ塗装。
プラパーツは全体的に濃い緑色だけど、自分のイメージと違ったので、普通のザクカラーにした。


カラーレシピ

下地:Mr.サーフェイサー1000

エッチング有りの下地:Mr.プライマー・サーフェイサー

グリーン:ガンダムカラー MSグリーン

ディープグリーン:ガンダムカラー MSディープグリーン

胸などのグレー:ガンダムカラー MSグレージオン系

ランドセル:Mr.カラー特色 ヤマトカラーセットで余ったグレー

関節部分、武器、バーニアなど:自作カラーサフ(Mr.サーフェイサー1000+ガイアノーツ サーフェイサー エヴォ ブラック+Mr.ベースホワイト 1000+Mr.カラー フラットベース なめらか・スムース 各1づつ)

スミ入れ:ガイアノーツ エナメルカラー ブラック

クリア塗装:ガイアノーツ Ex-フラットクリアー
バンダイ HG 1/144 THE ORIGIN MS-06 ザクII C型 オリジン
アーマーの裏など見えるかもしれない所は、自作カラーサフで塗装。

クリア塗装の前にガンダムデカール No.105 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN汎用(1)を貼っていく。付属のシールとデカールを比較するとシャアザクI&IIのが使える。指定箇所の全部に貼ったらうるさいかなと思い一部は省略。
バンダイ HG 1/144 THE ORIGIN MS-06 ザクII C型 オリジン
モノアイはH・アイズ1 ピンクの3mm、長距離ライフルとバズーカはH・アイズ2 ピンクの4mm、マシンガンはH・アイズ3 ピンクの2.5mmと2.8mmを使用。
裏にラピーテープを貼ってキラキラさせた。
画像はどのサイズが合うか確認しているところ。サイズが合わないと斜めになってしまうので、H・アイズのサイズに合わせてドリルで穴を開けておく。
バンダイ HG 1/144 THE ORIGIN MS-06 ザクII C型 オリジン
マンガのTHE ORIGINのザクは上半身と太ももがマッチョで、膝から下は細くて貧相なイメージ。アニメのオリジンザクは、最近のRG等のザクに比べて全体的にムチムチしていて好み。


Topへ