タカラトミー トランスフォーマー デュアルモデルキット DMK01 オプティマスプライム

タカラトミー トランスフォーマー デュアルモデルキット DMK01 オプティマスプライム
タカラトミー トランスフォーマー デュアルモデルキット DMK01 オプティマスプライムの紹介。

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーンに合わせ、2011年に発売された半完成品のモデル。
ファイヤーパターンなどカラーリングは塗装済み。フレームも完成しているという楽ちんモデル。
タカラトミー トランスフォーマー デュアルモデルキット DMK01 オプティマスプライム
塗装をどうするかですごく悩んだキット。クリアを塗装してピカピカにするか、ダメージっぽい塗装にするか、それぞれのパターンで、未塗装か、全塗装か、塗装とデカールにするか。選択肢はいっぱいあった。
悩んでいるうちに、塗装ができるような時間が取れなくなり、モチベーションも下がっていた。時間的な問題だったので、時間のかかる塗装を省略することに。

映画を見るとアーマーは塗装剥がれがあるけれど、フレームには殆ど無いので、フレームは部分塗装で外装はダメージっぽい塗装のみで仕上げることで決定。
タカラトミー トランスフォーマー デュアルモデルキット DMK01 オプティマスプライム

塗装は筆塗り。

フレームの部分塗装
タミヤ アクリルミニ X-11 クロームシルバー

タミヤ アクリルミニ X-32 チタンシルバー

タミヤ アクリルミニ X-18 セミグロスブラック

タミヤ アクリルミニ X-12 ゴールドリーフ

ダメージ塗装はドライブラシ
タミヤ アクリルミニ X-11 クロームシルバー

ドライブラシは楽しくなってやり過ぎた気がする。
ドライブラシ用の筆を使用。
塗料を筆でとり、ウエスなどで筆の余分な塗料を拭っていく。手に塗ってみても塗料が乗らないくらいになったら、本番のプラモデルに塗装する。
何回も筆で撫でていって、エッジに薄く乗せるようにするのがコツ。なんだけど、失敗することもあるよねって写真撮りながら思った。
タカラトミー トランスフォーマー デュアルモデルキット DMK01 オプティマスプライム
良く動くんだけど、完成品のフレームが関節を保持するだけの力が無い。立たせることはできるけれどよく転ぶし、肩関節がフニャフニャなので腕のポーズは肘関節のみでしかできない。指は動くけれど、肩をどうにかしてほしかった。
完成品のフレームをばらす勇気があれば直せたんだろうけど、プラが割れるかもっておもったら、そんな勇気は出てこなかった。

完成すると全長25cmと大きなキット。
バンブルビーと並べると1/100と1/144みたいな大きさの差。設定上の大きさがこんなもんだから当然なんだけど、オプティマスはデカいね。


Topへ